【体験談】ポルチオが性感帯になるまでに彼が私にやったこと - ポルチオのエロ画像同人漫画
【最新版】筆者が実践したヤリ友の作り方を伝授

私とポルチオ開発を体験してみませんか?

詳細はこちら

【体験談】ポルチオが性感帯になるまでに彼が私にやったこと

セックスに快感こそ感じていましたが、どことなく物足りなさを感じていた私も、彼氏にポルチオを開発されてから、底抜けの絶頂を体験することができました。

今となっては子宮口への刺激なしにはセックスを満足と思えないほどです(笑)

この快感を体験してしまった私は、自分だけこの楽しみを知っているなんてもったいない!できるだけ多くの女性に体験してほしい!ということで筆を進めています。

今回は私の体験を通じて、ポルチオで快感を得るまでに彼が私に行った過程をお伝えしたいと思います。

子宮口の触り方に注意!実はとてもデリケート

ポルチオは、子宮の入り口あたりにあります。私はおなかのその部分にあたる周辺をぐにぐにと刺激されるところから開発を始められました。じんわりと感じる快感を今でも覚えています。

そして段階を経て膣内から子宮口付近を触るに至ったのですが、この触り方をしっかりお褪せていないと、子宮口への刺激を「痛いこと」だと認識しています。

正しい触り方をお伝えしたいと思います。

ポルチオ性感帯の場所はここだ

多くの人がどこ!?と思ってしまいます。場所でいえば、子宮の入り口なのですが、パッとこない人も多いでしょう。

そこで分かりやすく言うと、Gスポットのもっと奥のあたりで、指を思いっきり突っ込んだ時に、一番奥に触れる場所です。

セックスを経験した人なら分かるかもしれませんが、背面位でセックスをしているときに、奥にチン〇が入りすぎて、「痛っ」と思ったことはありませんか?そこがまさにポルチオなのです。

触るときはゆっくりと触ろう!

子宮口の中はとても繊細な部分なので、グリグリと強く触ってしまうと「痛い」と思ってしまいます。

触り方のコツとしては、指先が軽く子宮口に届くくらいの感覚で、トントンと叩くように触るのがベストです。

そうすると、じんわりとしたむず痒さのようなものを感じると思います。

それを感じることがポルチオ開発の第一歩です。あとはそれを持続させていくと、だんだんとイク時に近い感覚を感じ取れるようになるでしょう。

ポルチオでいくのを体験してみよう

子宮口開発で大切なのは、まず一度イってみることです。

私の場合は、クリトリスでイったあとに子宮口をお腹側から刺激することで徐々に子宮口の刺激に慣れ、最終的には彼氏が指を使って子宮口を刺激することで絶頂を迎えました。

その時の感覚は、まさに軽い刺激からくるじんわり感の延長でした。

ですので膣内の奥に触れた時のじんわり感、あるいは背面位のときに感じる違和感を優しく続ければ、子宮口でイくことが可能になります。

一度感じてみればもう病みつきになること間違いなしです!

喘ぎ声が我慢出来なくなって「んん…んんぁぁぁぁあああ…くぅぅ…」って感じになっちゃいますよ♪(笑)

リアル体験談!(笑)

できるだけたくさんの人に私の体験を知ってもらいたいので、恥ずかしいさを忍んで、彼氏とのガチ体験をお教えします!(笑)

私の場合は、初めてのポルチオでの絶頂は、私の家でした。

前回も述べた通り、彼氏に子宮口開発を教えられて、それを実行している最中でした。

クリトリスでの絶頂から、下腹部をぐにぐにと刺激し、何となく子宮口のじんわり感を感じることができるようになっていた私は、彼氏に次は指で触るようにお願いしたのです。

彼氏とベッドインすると、私は子宮口を直に刺激される興奮でもうびしょびしょに濡れていました。

彼氏も「もうこんなに濡れてんじゃん(笑)」とノリノリだったのを覚えています。プレイが始まると、いつも通り、キスからディープキス、そして全身を優しくタッチされ、お互いの体温も高くなっていきました。

子宮口を開発されてから、彼の指が触れるたびに、「次はどこを刺激されるんだろう」と期待してしまい、全身の感度が高くなっていきました。

そして私の割れ目に触れた途端に、思わず「んっあ…」という声が漏れてしまいました。

それまでは、簡単に喘ぎ声なんか漏らさなかったのに、その日はかなり意識が快感に持って行かれていたのだと思います。

そしてびしょびしょになった割れ目にゆっくりと指を挿入されました。

指の感覚の細部までを感じることができ、それに伴って感度も高まっていきました。

最初はGスポットを刺激していたのですが、徐々に、指は奥まで進路を進め、ついに子宮口まで達した時、体中を突き抜ける刺激がありました。

開発の効果もあり、もう軽く触れられるだけで快感に感じていたのです。そのままコリコリと子宮口をいじられ、そのたびに体を震わせ、声をあげてしまいました。

少し優しくタッチしたあとに、少し強めに触れられると、どうしてもガマンできませんでした。

しばらく続けられると、何か大きなものがぞわぞわっと近づいてる感覚に襲われたのです。

言い方が悪いかもしれませんが、おしっこを我慢できなくなるときに近い感覚です。これ以上されてしまうとダメだ…!そんな感覚が強くなればなるほど、感じてしまうのです。

そしてその快感が頂点に達した時、全身の震えを止められなくなり、ものすごい快感が全身を駆けめぐったのです。

まさにイク!!!!!!という体験でした。

息も乱れ、あまりの刺激にしばらく呆けてしまったほどです。

これが私のポルチオでの初絶頂の体験でした。

彼のペニスで中イキにチャレンジ♪

子宮口開発が進んで、指でポルチオを刺激しながらイけるようになったら、次は彼氏のペニスでイくことにチャレンジしてみましょう!

彼氏と愛し合いながら絶頂を迎えた時の快感は、指とはまた違った気持ちよさがあります。
それでは、ペニスでの中イキのコツもお伝えしていきましょう!

体位とリズムが大切

まずペニスで子宮口を刺激し、イク場合は、体位がとても大切になってきます。ペニスが大きな人であれば、正常位でも可能ですが、多くの人は正常位では少し物足りないかと思います。

そこで、できるだけペニスが膣内の奥に届く体位でセックスを続けることが必要になります。

私の彼氏も特段ペニスが大きなわけではありませんが、彼氏がペニスで私のポルチオを刺激することができています。ですので、大きさはあまり関係ないのです。

オススメの体位は、騎乗位、背面位、あとは松葉崩しと言われる体位です。

お互いのペニスとマ〇コを最も近くに持ってくる体位ですので、非常に奥深くペニスを感じることが出できます。

ちなみに彼氏は、騎乗位でコツコツ攻めるのが好きみたいです(笑)

これらの体位でセックスをしたときに、思いっきり奥までペニスを挿入し、指で感じた刺激と同じ刺激を体験出来れば、準備は万端です。

同じ刺激を感じることができれば、あとはリズムが大切になります。激しくただ腰を打ち付けるのではなく、優しく、同じリズムでしばらく刺激し続けることが大切です。

あまり激しすぎると、快感より痛さが強くなってしまい、セックスそのものが好きではなくなってしまいます。あくまで優しく、適度なリズムで腰を振り続けることを伝えてあげて下さい。

私が彼にされたこと~中イキ編~

ポルチオ開発済みの私だからこそ、お伝えできることがあると思いますので、ペニスでの中イキについても私の体験談をお伝えしておきたいと思います。

指でポルチオ開発されてからは、彼氏はしばらく指で私をイかせてくれていました。自分自身でも、オナニーの際、ポルチオを刺激し、絶頂に達することが可能になっていました。

そして、その段階でついに彼氏がチン〇を挿入しようと決めたのです。

子宮口開発を始めてから一ヶ月経ったくらいのことだったと思います。

この時も私の家だったのですが、ペニスで絶頂を迎えるために、彼氏が来る前からオナニーをするように指示されていました。

子宮口でイクには膣内が濡れている方がかなりイキやすいので、そのための準備ということでした。

ベッドインしてからも優しい彼氏は、とても繊細な前戯で雰囲気を盛り上げてくれようとしましたが、正直私は早くチン〇を挿入して欲しかったのです(笑)

今思うとかなり積極的に攻めていたと思います。彼氏は雰囲気を作るために、私の乳首を丁寧にいじったり、クリトリスを優しく刺激してくれたのですが、私はとにかくチ〇ポを入れて欲しかったので、私が彼のチン〇をしゃぶってあげました。

より興奮するために、シックスナインの体勢になって、早く挿れてほしいと思いながら、彼氏のそそり立つチン〇をしゃぶっていました。

彼氏も私のマ〇コを丁寧に舐めながら、指でも優しく膣内を掻き回してくれました。クリトリスを刺激されながら子宮口をツンツンコリコリと刺激されると、もう我慢ができなくなりました。

その時、彼氏が私にチ〇ポを欲しがるように懇願してみろと命令してきました。普通だったら恥ずかしくて言えないのですが、我慢できない私は必死に懇願してしまいました。

「もうダメぇぇ…奥が熱いのぉ…お願い…もう挿れてぇ…ごめんね…早くイってみたいですぅ…」

状況にも興奮してたのだと思います。今思うと恥ずかしい限りですが、興奮が理性を越えていました。

彼氏は、騎乗位の方が子宮口を刺激するには適していると知っていたので、私に騎乗位で挿入するように指示しました。

私のマン〇はすでにびしょびしょでした。

彼氏のチ〇ポを割れ目にあてがうと、まるで飲み込むように彼のチン〇を挿入していきました。熱した鉄の棒を入れられているような熱い感覚が、マン〇の肉壁から直に伝わってきます。

カリの部分のひっかかりなどすべてを感じることが出来る程感度が上昇していました。

「んっ…んぁぁぁっ…気持ち良いぃ…」

あまりの気持ちよさにさらに奥までチ〇ポを飲み込んでいき、ついに私のお尻と彼の太ももが完全に密着したときに、彼のチ〇ポの先が私の子宮口に到着したのです。

「あぁぁぁぁ!!んん~…っ…く…ふぅぅぅ…!!!!」

あまりの刺激に、声にならない声が漏れ出てしまいました。

指以上の太さで、しかも熱をもった物体が触れると、ここまで感度が違うのか…と驚嘆したと同時に、とんでもない快感が全身を支配しました。

快感のあまり動けなかったので、彼氏が動いてくれました。

ゆっくりとチ〇ポを引き抜き、またゆっくりと挿入していく、この単純な動作のすべてを感じることが出来ました。

そして奥まで到達するたびに頭から電流が走るような刺激を感じるのです。頭がおかしくなりそうなほどの快感でした。

チ〇ポの刺激にも慣れてきたころ、彼氏がリズムよく腰を振り始めたので、私もそれに合わせてお尻を腰に打ち付けました。2人が協力することで刺激は一層強くなりました。

そして快感が強くなってきたころ、ピストンではなく、グリグリとチン〇を押し付ける動きに変化させたのです。

これがポルチオには良かったようです。このグリグリと押し付ける動きは私をストレートに絶頂へと向かわせました。

「あ…っ!!ちょっとまって…あっ…!クる!!やばいのクる!!あぁ…!○○君…!怖い…はぁぁぁっ…あ…ツ…ふっ…んんんんんん・・・・!!!!!」

もう本当に大きな波が来る!!といった感覚でした。

そのまま今まで感じたことのない絶頂を感じ、しばらく意識が飛んでしまいました。

愛液も信じられないほど溢れ、シーツがびしょびしょになっていたのを覚えています。

これが私の初めての中イキ体験でした。

まとめ:ポルチオ開発で大切なこと

子宮口開発で大切なことはまず時間をかけてゆっくりと行っていくこと、そして焦らずに優しく行っていくことです。

デリケートな部分なので、焦って強く刺激してしまうと痛みを感じてしまうので、挫折してしまうことになってしまいます。

あくまで優しく、じっくりとを心がけて下さい。

これはセックスのときも同じです。子宮口は激しいピストン運動の先に快感があるのではありません。

じっくりと時間をかけて、まるで2人が溶けるように体を合わせ続けた先に絶頂が見えてくるのです。

ペニスの先とポルチオを一つにするような意識をもってねっとりと行って下さい。

そうすれば痛みを感じることなく、絶頂を迎える体験が出来ると思います。ぜひ参考にしてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました