彼(25)「ポルチオ開発してもいい?」 私(24)「いいよ」→結果 - ポルチオのエロ画像同人漫画
【最新版】筆者が実践したヤリ友の作り方を伝授

私とポルチオ開発を体験してみませんか?

詳細はこちら

彼(25)「ポルチオ開発してもいい?」 私(24)「いいよ」→結果

彼氏にポルチオ性感帯を開発されてしまった私が、私自身の経験を踏まえていろはを伝えていきます。

女性にも性欲はありますし、気持ちよくなりたいという気持ちはあります。しかし一般にそういった気持ちは男性が持つとされていて、女性が快感を求めることはあまりないと考えられています。

そうしたこともあって、快楽を求める女性は知りたい情報をしっかり知ることができないということも多いかと思います。

私自身今回の開発は、ほとんど彼氏主導で行われましたが、その快感を知ってみて思うことは、知ってよかったということです。

ぜひ多くの人に知ってほしいと思うので、出来るだけわかりやすく伝えていきたいと思います。

Gスポット?ポルチオ?何それ美味しいの?

タイトルは彼氏に開発をされる前の私の状況です(笑)

決して痴女だとか、性欲が異常に強いというタイプではありませんでした。しかし今となってはそれなりの知識がついてしまったのですが…(笑)

さて、本題ですが、Gスポットとポルチオの違いです。開発をするにあたって、Gスポットとの違いを知っておくことはとても大切です。

なぜなら、子宮口付近への刺激でイクためにはGスポット開発も必要だからです。

段階的に言うと、Gスポットの快感を知ると、それに近い感覚で子宮口付近での快感に気づくことができる、といったところでしょうか。

Gスポットは膣内に指を入れて、第二関節を曲げたあたりにあると言われています。

大体3~5センチくらいのところです。膀胱に近いところにあると言われており、刺激を与えるとおしっこを漏らしてしまいそうな感覚に陥ります。

私も初めてGスポットを開発されたときは、とにかく漏れそうという感覚でした(笑)

漏れそうの中にじんわりと気持ちよさがあって、その漏れそうという気持ちを諦めた瞬間に、大きな快感の波が押し寄せてきたという感じです。

その時に潮を吹いてしまう人もいるみたいですね。

一方ポルチオは子宮口の入り口あたりの部分を指します。膣内のだいぶ奥のほうになりますが、指の長い男性や、おもちゃを使うと届きます。

Gスポットは初めて刺激を与えられる女性でも、それなりの快感を感じるのに対して、ポルチオはいきなり快感を感じる人は多くありません。

まさに「開発」という言葉がぴったりの部位です。

ポルチオでイけるようになると、Gスポットでの絶頂とは比べものにならないくらいの快感を知ることができます。

それにイクという事に対する捉え方も変わるでしょう。私もGスポット、ポルチオでの絶頂を知る前は、イクというのはせいぜい5秒程度の強い快感がおとずれる程度という感覚でした。

しかし、開発されてからは、イクというのは最絶頂を迎えた後も、その刺激が1分程度持続し、さらにその後も微弱な快感が続くという感覚に変わりました。

それに、それを一回のセックスで何回も感じることができるのです。

快楽という事に関して言えば、Gスポットとポルチオを知ると、価値観が大きく変わります。それほど重要なことだということを知っておいてください。

何も知らなかった私がここまで言うのですから間違いありません(笑)

ポルチオ性感帯による中イキの特徴

快感について、開発済みの私がより詳しくお伝えしましょう。

開発される前の私は、クリトリスでイクことしか知りませんでした。それでもセックスにはそれなりに満足していました。しかし今となっては、あれは何だったのかと思ってしまいます。

まず先ほども述べた通り快感の持続時間が違います。子宮口付近で感じる快感は、一瞬の快感ではなく、持続する快感なのです。身体全体が痺れるような強い刺激を子宮あたりから強く感じます。

さらに開発は彼氏とのセックスをより気持ちの良いものへと変えてくれたと思います。クリトリスも、Gスポットも気持ちよいのは間違いないのですが、セックスの際はどうかというと、意外と刺激されないんです。

その点、ポルチオは彼氏が腰を打ち付けるたびに、刺激され、彼氏と快感を共有できるようになるんです。

そしてイクときも同じタイミングでイったり、私が先にイってその快感を持続したまま彼氏の絶頂を迎えることもできるので、セックスに一体感が生まれるんです。

これは子宮口への刺激の大きな特徴だと思います。

とにかく中イキは持続時間が長く、強い刺激を感じるという点で、Gスポットやクリトリスでの絶頂と大きく異なると理解しておいてください。

ポルチオの開発方法あれこれ

刺激っていってもどうすればいいの?という意見をたくさん耳にしました。

そこで、私の知る限りの情報で、刺激方法をあれこれと紹介したいと思います。

指で開発

私も最初は指から始まりました。指でするときの注意点ですが、まず手を清潔にし、爪を短くする必要があります。

ポルチオは膣内の最も奥、子宮口の入り口あたりですが、膣内でも大変繊細な場所です。

傷つける恐れもありますし、万が一傷つけた場合に、不衛生な状態で触っていると、炎症を起こす可能性もあります。これら注意点を守ったうえで行いましょう。

指で軽く刺激することから始めます。子宮口付近は大変繊細ですから、最初に触ったときは痛いという感覚を持つかもしれません。

じ~んというような痛いようなむず痒いような感覚を持てば、それが第一歩です。

最初のうちはあまり激しくいじらずに、優しく触れ、その感覚を繰り返します。やがてその感覚がじんわり熱をもつような感覚に変わると、着実に進歩しています。

初めてポルチオでイクときは、クリトリスでイクときのような、勝手にイっしまうような感じではなく、自分からイこうという気持ちが無いと絶頂へと向かいません。

体を解放するというか、我慢しているものを全て止めてしまうような気持ちだと絶頂へと向かえます。

慣れてくると、自然とイくことも可能になってきます。

おもちゃで開発

指の代わりにおもちゃですることも可能です。子宮口まで届くということが前提なので、バイブやディルドを使う必要があります。

実際に行うときは、子宮口に強い刺激を与えるのではなく、やんわりとした刺激を長い時間にわたって行うということを意識しましょう。

ピストン運動を繰り返すだけでなく、グリグリと押し付けたりすることも大切です。ポルチオは強い刺激でイクのではなく、じんわりと刺激され続けることでイクことができます。

それを理解して、時間をかけて刺激してあげて下さい。

ペニスで刺激

ペニスでの刺激は、パートナーとの協力が欠かせません。基本的には、指やおもちゃでの訓練が進んでいることが前提です。

指やおもちゃでの刺激なしに、いきなりセックスで絶頂を迎えることが出来る人は皆無と言ってよいでしょう。

先ほども述べたように、絶頂を迎えるためには時間をかけることが必要です。それを何度も繰り返すことで、子宮口付近での感度を高め、短い時間でイクことが可能になっていくのです。

ペニスでの刺激はどうしてもパートナーが射精してしまうとそこで終了してしまうという問題があります。適度に休憩をしながら、パートナーと楽しみながら行うことが大切です。

目的と手段が逆になってしまい、感じるために、セックスを楽しめなくなってしまっては意味がありません。あくまで快適なセックスの先に、快楽があることを肝に銘じておいてください。

人によってピッタリな刺激方法はちがう

以上3点の刺激方法を紹介しましたが、人によって効果的な刺激方法は異なります。私の場合は、彼氏から開発を提案され、指での刺激から始まり、セックスでの刺激に至ることができました。

彼氏によってはセックスでの刺激が難しかったり、また、指が子宮口に届かないという人もいるかもしれません。

大切なのは、私の提案だけを鵜呑みにせず、自分にあった刺激方法を探すべきです。私のは提案はあくまで「参考」とし、一意見として取り入れてもらえれば幸いです。

私にはこの刺激方法がピッタリでした

ちなみに私自身についてですが、最もハマった刺激方法は、指での刺激と焦らしだったと思います。

彼氏がかなり慎重派だったため、私の場合は、指以前に、お腹から子宮口のあたりを刺激して、感じ方を体に覚えさせるという段階からスタートしました。

それを行うことで、指での刺激を比較的楽に進めることができました。そして指での刺激は、彼氏がしてくれたこともありましたが、基本的には、自分で行っていました。

それは彼氏からの指示で、その間はセックスはなしで、ひたすらポルチオでのオーガズムを追求しました。

そうすることで、本当にペニスが恋しくなるんです(笑)

この「焦らし」がかなり効果的だったと思います。

焦らされることで、どうしても感度が高くなってしまうんです。そのせいか、セックスはたった一回で成功してしまいました(笑)

しかもかなり激しくイってしまって、意識が飛んでしまったほどです…(笑)

参考にしていただければ幸いです。

まとめ

ポルチオなどまるで知らなかった私が、しっかり開発されてしまった経緯や、その内容などある程度理解していただければ幸いです。

ポルチオの開発はセックスライフを大きく進歩させ、豊かなものにしてくれます。

女性は気持ちよさを追求してはならないなんてことはありません!

女性だからこそ快楽を追求すべきだと、私は思うのです。

そうした人が少しでも私の経験を参考にしてくれれば幸いです(笑)

タイトルとURLをコピーしました